始めよくなくても終わりよし

  • 2020.06.28 Sunday
  • 21:18

JUGEMテーマ:結婚式

続きを読む >>

人の噂も二十九日

  • 2020.06.14 Sunday
  • 22:59

わたしってばね、どこをどうとっても思いきりハマッコ。やっぱサラブレッドじゃん。という話をしたいとおもいます。

父の実家の最寄駅は石川町、母の実家の最寄駅は西横浜。
わたしはハマの台所、松原商店街生まれ。横浜西口の病院でひょっこり顔を出しました。

1歳で西横浜に引っ越し、3歳から父の実家へ。
4歳のころ、身近な場所に横浜スタジアムができ、地元を盛り上げようと家族で通い詰め、今に至ります。

土地勘のある人は、おや?と思ったかもしれません。
せっかく、ウマイ、安い、便利!な松原商店街で生まれたのに、なんで引っ越しちゃったの?しかも近場にちょいちょい引っ越して…って話ですよね。

そこで、今日は良い子のみんなにワクワククイズを出したいとおもいます!

我が家はちょっと変わった理由で松原商店街から引っ越しました。さて、なんででしょう〜?
少し考えれば、わかっちゃうかな。
ヒントは野球です。
これから正解をお話しするから、この時点で予想してみてね!


では、正解を語っていきますね。


そのころ、うちのオトンは野球チームに入っていて、月に2、3回は試合に出場していました。
 

ちなみに、チームメイトにはキーボーの相方もいたのです。
おじさん(しじみ)世代からすると、キーボーゆうたら、どっちやねん!メガネ、メガネとなるかもしれませんが、バカいってる方のキーボーではなく、バカいってんじゃないよの方のキーボーです。

その相方ですから、すなわちヒロシです。
わたしは今でも「3年目の浮気」をフルコーラスで歌えます。
 

話を元に戻しましょう。

オトンはある日の試合でセカンドベースに滑り込み、野手と交錯して胸を強打し、担架で運ばれました。
試合の途中で帰宅し、翌朝、病院に行く予定でしたが、みるみるうちに顔が青ざめ、胸を押さえてもがくので、オカンが救急車を呼んだのです。病院で診察すると肋骨が3本も折れていました。

自宅から救急車に乗り込むまで1分足らずだったとオカンは記憶していますが、その様子をつぶさに観察していた人がいたようなんですね。
オトンを見て、「ガスを吸ったような感じで、もがき苦しんでいた」とご近所さんに伝えたのだとか。
噂はすぐに広がり、その夜には「赤ん坊(わたし)がいるのに、ガスで一家心中ですって」という話で持ちきりになったのです。

わたしたち家族の姿を見ようものなら、大きな声で噂話をしたり、好奇の目でジロジロ見たり…。
とてもじゃないけど、住み続けられるような状況ではなかったとのこと。


というわけで、正解は、

変な噂を立てられ、人の目が耐えられずに引っ越した!

でした!

「人の噂も七十五日というけれど、75も数えられないよ。あのときは二重苦(29)で限界だった」と、オカンが謎の名言を残しています。


さぁ、どうだったかなぁ〜?良い子のみんな、当たったかなぁ?

ちょっと簡単すぎたかな。

正解したお友達がいたら、お姉さん(ずうずうしくてごめん)に教えてね。

 

ちなみに、全日本プロレス元三冠王者の鈴木みのるさんをインタビューさせていただいたとき、ツカミで松原商店街生まれとご挨拶して、いきなり盛り上がりましたよ。

 

鈴木みのるさんインタビュー記事

https://hamarepo.com/story.php?story_id=6781

 

 

あれ、ハマッコのサラブレッドの話はどうなっちゃったんだろうね。
またの機会にじっくりと…。

尚、クイズに正解した方の中から抽選で3名さまに、着払いで著書を送らせていただきます。


にこっ。

愛愛

大男そう見え知恵が回り兼ね

  • 2020.05.10 Sunday
  • 12:29

最近、視力が落ちている気がする。

育休中で長時間パソコンと向き合うことはなくなったけれど、アロハ(むすめ)のお昼寝中は照明を落として静かに家事をこなし、深夜の授乳時はほぼ真っ暗。

どうやら目が疲れているようだ。

 

毎年、健康診断に向けて仕上げていくと、裸眼で2.0を叩き出すが、今は左1.5、右1.2くらいまで落ちた模様。裏は取っていないが、体感的にそんな感じがする。

 

そのせいで、最近も怖い目にあった。 

筋トレやヨガ教室を休んでいるいま、唯一の運動は夜のウォーキング。 

コビット(だんな)がアロハを寝かしつけている間に我が横浜村を徘徊している。

畑に電灯はひとつもなく、闇の静けさが自分の呼吸音を吸い込んでいく。 

村の朝は早く、夜はもっと早い。

引越してきて間もなくのころは何も見えなかったが、だんだんと大木や神社の鳥居の輪郭がぼんやりと浮き立つようになってきた。

しかし、最近は目が霞みほとんど見えない。 

 

やばい、鳥居の後ろに誰かいる。

視力が落ちたせいか、気付くのが遅れた。

大きな帽子を深めに被った大男。春だというのに裾の広がったトレンチコートを着てこちらをじっと見ている。

怪しさ極まりない。怖い。 

咄嗟に携帯電話を耳にあて、極めて明るい声を出した。

立ち止まりエア会話をしながら様子を見る。

 「あぁ、お久しぶりです。えーウケるぅぅ」 

男を気にしながら架空の会話をしているので支離滅裂だ。

これでは久しぶりに電話をくれた先輩がいきなり一発ギャグをかましていることになっている。冷静にならなくては。 

「そうですよねぇ、開幕が待ち遠しいですね。うん、ですね、3割は打ってほしいですよね」

なんとか会話らしくなってきた。

10分近くしゃべり続けるが、男は微動だにしない。

こうなったら早歩きで通り抜けようかと思ったが、なにせこんな時間に身を潜めているような男だ。 背後にまわられたらお終いだ。

わたしは大胆な策に出た。それとなくカニ歩きをし、(ぜんぜん、それとなくならない)男の動きを警戒しながら横切る作戦だ。

そろり、そろり。

 次の瞬間、わたしは驚いて声を上げた。  

 

「え、灯籠?」 

 

それは大男ではなく、石碑の灯籠だった。 灯籠に気付くのに10分もかかってしまった。  

 

 

大きな帽子を深めに被った大男。春だというのに 裾の広がったトレンチコートを着てこちらをじっと見ているw

 

 

大きな帽子を深めに被った大男。春だというのに 裾の広がったトレンチコートを着てこちらをじっと見ているww

 

 

大きな帽子を深めに被った大男。春だというのに 裾の広がったトレンチコートを着てこちらをじっと見ているwww

 

 

自分でじわるくらいの自意識過剰。

 

ハマスタのライトスタンドから投手の球種がわかる自慢の視力に戻りたい。

いつ開幕してもいいように、仕上げておかなければ!

 

 にこっ。

 

 愛愛。