蛙の子はおたまじゃくし

  • 2020.08.18 Tuesday
  • 07:36

JUGEMテーマ:育児

 

真夜中にファックスの送信音が聞こえてきた。
久しぶり。そう、これこれ。
懐かしさと喜びとがないまぜになって込み上げ、ベッドの上でフフっとちいさな笑いが漏れた。

ファックスの独特な送信音は、なかなか真似できない。
祭囃子をカセットテープに録音して、もう少しグルーブ感がほしいわぁと2倍速で聴きまくり、テープがもう勘弁して下さいよと心の声を上げているのに、巻き戻して執拗に聴く。
テープは伸びてしまったが、最後の力を振り絞ってなんとか祭囃子をお届けする。
「ピーーーェァ〜ヒヤァ〜〜ラァイェ〜ラァ〜〜」くらいのレアな状況にならないと再現できないのではないか。
(この感じがわかったら35歳以上だね)

だから、こんな独特な音が聴こえてきたら、人はファックスを送信している音、とすぐに断定できるのだろう。

ファックスが出回った当初は、文字や絵が電話で送れるなんて、どうなってんのよ、なんか怖いよってくらいの最先端テクノロジーの象徴であった。
初めてファックスと聞いたとき、放送禁止用語の複数形かと一瞬疑ったし、初めて使ったオカンは、何度送っても下から出てくると困っていた。

ようやくファックスの存在に慣れてきた、20代前半のころだった。
真夜中に、「おい、誰かがファックス流してるぞ」という、コビット(だんな)の声で目を覚ました。
「あれ、止まった」耳をすまして警戒しているようだ。
寝ぼけまなこを擦りながら、どうでもいいしと思い、重たい頭を起こすこともできず、また夢の中に吸い込まれた。

「またファックスなってる!
…あれ、止まった」

「もう、なんなの」続けざまに2度も起こされたが、怒る気力が沸いてこないくらい眠い。
「近くで聞こえるから、家の中に誰かがいる気がして…」夢の中でコビットが何か言っている。

 

「なんだよぉ!」


今度は、怒りと笑いを含んだコビットの大声が耳に飛び込んできて、完全に目を覚ました。

「ファックスかと思ってたら、おまえの鼻がピーヒャラなってるだけだった!」

知るか。

そんなことで起こさないでよ。「うるさい!」
「うるさいのは、おまえの鼻だし」


軽くモメてから寝たが、その後もファックスを10枚くらい送信していたらしい。

 


別の日は、こんな 騒動もあった。

「ミ〜ミ〜」
真夜中に子猫の鳴き声で目を覚ました。あれ?すっごく近くにいる!
体を起こすと、子猫はぴたりと鳴き止んだ。
どこだ?


実家に住んでいたころ、飼い猫のミーヤンがクローゼットの中で子猫を2匹生み、人間と猫の2家族で仲睦まじく暮らしていた時期があった。
数日会わないと中毒になるくらい愛しいミーヤンの子、ヤヤとナナ。
それはそれは可愛く、孫が生まれたときの心境がわかった気がした。
だから、子猫特有の鳴き声は身体に染み込んでいる。

その声を久しぶりに耳にし敏感に反応したが、子猫ちゃんは見当たらない。

コビットは穏やかな寝息をたてて寝ていた。
申し訳ないと思ったが、部屋に子猫が紛れ込んでいる一大事なのでゆすり起こす。
「近くに子猫がいるみたい。鳴いてるの」
「え!どこ、どこだ?」
ふだんは声をかけてもなかなか起きないコビットだが、動物が好きなので慌てて起き、いっしょに探してくれた。
毛布をめくったり、本棚の隙間を覗いたり。
お互い寝ぼけていたが、だんだん意識がハッキリしてくると、

「つーか、夢じゃね?家の中に突然子猫が入ってこなくね?」
「そ、そっか」ということになり、また眠りについた。

「なんだよぉ!」
今度は、怒りと笑いを含んだコビットの大声が耳に飛び込んできて、完全に目を覚ました。

「子猫じゃなくて、おまえの鼻がミ〜ミ〜ってなってるだけだぞ」

なんか、これ知ってるぅ〜と思いながら、再び、夢の中に吸い込まれた。

 



真夜中にファックスの送信音が聞こえてきた。
とても、か細く、ちいさな、ちいさな音だった。

ぴぃぃひゃららぁ。

正体はアロハ(むすめ)の鼻息だった。
こんなところが似ちゃって。

懐かしさと喜びとがないまぜになって込み上げ、ベッドの上でフフっとちいさな笑いが漏れた。
アロハの頭をそっとなでる。

「どうした?」コビットも目を覚ました。

「ファックス」

言っても伝わらないかと思ったが、コビットもフフっと笑っていっしょに頭をなでた。
コビットのなでるスピードがじょじょにゆっくりになり、アロハの頭に手を当てたまま、眠ってしまった。

アロハの寝息をもう少し聞いていたい気分だったが、ほどなくしてゴゴゴゴオとコビットのイビキでかき消された。
なんだか雰囲気ぶち壊し。蹴りを入れてやりたいほど、うるさい。

耳障りだったのか、アロハはもぞもぞと動き出し、横向きになると両足をバタバタと前後に振って、コビットの太腿をボコスカ蹴りまくった。
そうかと思えばすぐに爆睡し、またファックスを送り始めた。

こんなところが似ちゃって。

寝ていると鼻がなる、寝相が悪い、いつでもどこでも秒で寝られる、睡眠時間が短くても超元気…。

 

完全なる勇者の遺伝子だね。


SNSやメールでのやりとりが主流の令和の時代だか、我が家はこれからもファックスの送受信でコミュニケーショをとっていこうとおもう。ピーーヒャララ。


にこっ。

愛愛。

 

独特な二の舞を演じる

  • 2020.05.21 Thursday
  • 18:48

アロハ(むすめ)のオムツ替えをするとき、カバーオール(つなぎ)のスナップを外し、おへその上までまくりあげる。
早く交換したいのだか、オムツ1枚の状態でお腹と脚があらわになるとアロハのテンションが上がりすぐに手をつけられない。
お尻を左右に動かし、手もぶんぶんと振ってオムツ前ダンスが始まる。
そんな愛くるしい姿を眺めていると突然の既視感に襲われた。
これ、知ってる。見たことが、ある…。

中学生くらいから、この既視感に悩まされることがあった。
初めて見るはずのものなのに、心の奥底にへばりついていた記憶がうずく感覚に陥る。
既視感の後に、その先に起こるイメージや遠い将来の映像が浮かぶこともある。
創作して湧き出るイメージとは程遠く、残像のようなものでわずかな記憶として、自分の中に存在しているのだ。
前世の記憶というやつなのか、それとも何らかの形でタイムスリップをしてしまったのか。

もしかして自分は1度この人生を全うしていて、どこかで取り返しのつかない大きな過ちを犯し、やり直させてくれと神に泣いてすがり、ワンチャンいただいた2度目の人生なのではないか。
それでも既視感があるということは、また大きな過ちに向かって歩んでしまい、同じ轍を踏もうとしているのではないか。
既視感は漠然とした不安と手を結び、いとも簡単にわたしを包囲する。

タイムスリップ、と自分なりの解釈をしてみた思春期の夢物語を、たやすく嘲笑うことができない。
なぜなら、既視感とともに未来の映像が浮かぶと、長い時間を経てその場面に遭遇してしまうからだ。

オムツ前ダンスに既視感が湧いてくるまでは気付かなかったが、そういえばアロハを授かってから既視感を抱くことがなくなっていた。
微塵の不安もなく、ちいさなことでも家族で笑いあえ、これがささやかな幸福なのかと。
それなのに今また、既視感に襲われてしまった。

どこかの景色や誰かとの会話中に起こる現象なら、自分が忘れているだけで、実は見たことのある場面であったり、似たような経験と混同しているとも考えられる。
だが、こんな具体的な動きに既視感が芽生えるものだろうか。やはり、このオムツ前ダンスを遠い昔に見たことがあるような気がする。

顕になったぷにぷにの腿、オムツと服の合間に覗かすたぷんたぷんのお腹。
リズミカルにお尻を左右に振り、右手は横に左手は器用に上下に動かす。
伸びた前髪が気になるのか、いちど頭に手をやり、今度は右手を上下に、左手を横に振る。
機嫌よく踊っているのに、突然怒り出し、またハイテンションに。
スピーディーといえばスピーディーだし、スローリーといえばスローリーな、なんともいえない動き。
キレがあるのかないのかよくわからないが、その独特のダンスは惹きつけるものがあり、思わず見入ってしまう。

じっと見つめていたら、眠っていた記憶が呼び起こされた。
もしかしてあれか、あれなのか?
とうとう鮮明な記憶が、目の前で起こるオムツ前ダンスと合致した。
ようやく既視感の正体がわかった。


そうか!どこかで見たことがあると思ったら、

長州小力のパラパラダンスか!!!


それに気付いたときの安堵たるや。わたしは胸を撫で下ろす。

これでは、ひとり相撲で勝手にピンチを広げ、最後はなんなく打ち取り、勝利の喜びを倍増させる2018年の山康晃方式ではないか。
でもわたしはこの既視感に勝利したのだから、もういうことはない。

我ながら、急展開すぎる〆だと思う。読んでくれている人になんだか申し訳ない気がする。

こんな結末でもみなさんキレてないですよね。
読者をキレさせたら大したもんだよね。

にこっ。

愛愛。
 

JUGEMテーマ:子育て日記

上手の手から水以上のものが漏れる

  • 2020.04.30 Thursday
  • 23:23

JUGEMテーマ:子育て日記

昨年、女の子を出産し、この世にこんなに愛しい生命体が存在して宇宙のバランスが狂わないかと心配するほどの、親バカになってしまいました。
コビット(だんな)に「アロハ(むすめ)は将来どんな職業に就くとおもう〜?」なんて聞いたら、「プリン、セス、かな」(遠い目で)と言うので、バカ親に歯止めがきかない今日この頃です。
そんなコビットは現在、在宅勤務中。
仕事が土日、深夜にまで及ぶことがありますが、家にいてくれるので心強い。
つい最近、アロハのギャン泣きが止まらず、なだめるために予定外の授乳になったことがありました。
ベッドに腰掛け抱くようにして与えていると、アロハのお尻がじんわりと温かくなってくるのです。
え、え? 漏れてる?
しかもサラサラのやつじゃなくて、トロトロのやーつ。しかも、しかも尋常じゃないくらいのメガ盛りで大人かってくらいのやーつ。
やばい、やばい、どうしよう。
隣の部屋でコビットが仕事をしていることを思い出し、「ちょっときてー!ウンチ漏れた!タオル持ってきてー!!」と叫ぶ。
ボソボソっとした声が返ってきた。
仕事に夢中になっていて、悠長に「ちょっとまってー」なんて言ったのだろうか。
「いや、いや、いや、やばいって!いつもと違うんだって。もうこれ大人のウンチだよ!早く、早く!」
ハマスタのゲーム終盤、一打逆転の場面での、前奏ファンファーレからの応援歌でゴー!ゴー!ツツゴー!からのチャンテで攻めまくれ!くらいのボルテージで助けを求める。
が、またボソボソっと危機感のない返事をされた。
え、もしかして仕事中に居眠り?寝ぼけてる?最近、忙しくてあんまり寝てないしな。
いや、いや、そんな場合じゃない。
「おい、おい!ウンチ両手について動けないんだってば!早く!」
今度は返事がない。え、もしかして完全に寝たの? おい、おい、うぉい!
とりあえず、アロハを抱いたままじりじりと腰を動かして移動。手を伸ばしてオムツを取り、3枚並べた上に寝かせてなんとかビバーク状態に。
しかし手が汚れているので、タオルや着替えが取れず先に進めない。
立ち上がり、ドアの前で片足を上げた。足でレバーを下げながら押し開け、いざ隣の部屋へ。
オペ直前の外科医のように両手をあげ、足で扉をこじ開ける。フリースタイル拳法をひっさげての道場破りかっつーの。
「うぉい!!大人のウンチが漏れてるんだってば!!」
コビットに冷め切った目で見つめられた。
うん?
まさかのオンライン会議中だったよね。
こっちは、ハッキリと大きな声で大人のウンチが漏れてるって言っちゃってるもんね。
モニターの向こうの人からしたら、完全に、漏らした嫁が逆ギレしてるよね。
もうさ、頭の中で今夜はブギーバックが流れたよね。いや泣けたっす、まじ泣けたっす。フリースタイル具合にまじ泣けたっすって。
これだけオンライン会話が盛んに行われているのに、なんで仕事中に寝た説を疑わなかったんだろうね。
けっきょく、お得意のフリースタイルで洗面台のドアも開け、手を洗ってから無事にアロハの着替えをすませました。
グズっていたアロハも、このコピれ、メモれ案件にふくみ笑いをして、いつのまにかご機嫌に。
だからまぁ、いいか。いいのか…。
まとめ。
家族が在宅勤務をしているときは静かにしよう!
外出自粛期間も楽しく過ごしたいものですね。
にこっ。
愛愛。