ない袖は振れぬ、ある唇は揺れる

  • 2020.09.24 Thursday
  • 22:06

最近、家族で写真を撮ることが増え、3人の顔を見比べながら目を細めています。

 

なんでこうなっちゃうんだろうね?って、凝視してね。

 

コビット(だんな)とアロハ(むすめ)の2人は、透き通るような色白で、顔の一つひとつのパーツが大きいくっきり二重。
年を重ねたコビットは、身体をつくる要素の20%がコナキジジイなんじゃないかってくらい、ずんぐりむっくりしてきたけれど、元イケメンの雰囲気はうっすら醸し出しているんだよね。

アロハも「フランス人形みたい、いやぁ、それよりかわいいかもぉ」なんて、太鼓持ちがお世辞をいうくらいの器量でね。
2人とも目鼻立ちがはっきりしていて華やかなんだよなぁ。

 

一方、わたしは、2月に沖縄の現地の人から色黒ですね〜といわれるほど浅黒く、顔のパーツは遠慮がちに一応ついていて、唯一堂々と大きく目立つ所といえば下クチビル。

 

昔、「口元が、井川ナントカに似ているよねぇ」といわれて、井川遥もけっこう情熱的なクチビルしているしな、なんて思っていたら、「元阪神の」っていわれてね。
まさかの井川慶の方だったよね。暴投気味の変化球が急に飛んできて焦るよね、性別も違うしね。

 

病院でアロハを抱っこしていたときなんて、通りすがりのおばちゃんに「わぁ、とってもかわいい赤ちゃんねぇ。パパ似かなぁ」ってすれ違いながらいわれてね。ひと目見て種類が違うってわかるんだろうね。


家族写真を見ると、ディズニーランドでミッキーマウスとミニーマウスとふなっしーの3ショットを撮ったみたいな画なわけ。
同じ仲間なんだろうけど、キミ、ちょっと違うよねって。
いや、いや、浦安と船橋は近いでしょう、同じ千葉県民同士仲良くやりましょうや〜って食い下がるのを、ミッキーとミニーがムリヤリ口角を上げて苦笑いして受け入れてくれているような。


客観的に自分の顔を分析してみると、アイパンマンといわれる所以の頬骨に乗ったふっくらほっぺとか、魚入れてるの?と聞かれる下アゴとか、悪さしているところはいろいろあるんだけど、主犯格は下クチビルかなって。


ちなみに身体の方は産後5ヶ月で体脂肪18〜19%まで戻ったくらい締まっている方なんだけど、顔が取ってつけたように突然ふっくらぽんで、まさにアイパンマンなのね。

 

でもね、やっぱり最大のインパクトはクチビルだろうね。

 

歯医者で下クチビルに錘のついたフックをぶらさげられたことあります?
厚いかもしれないけど、歯を治療するのにそこまで邪魔なのかな?
治療を終えてフックを取られ、最後に唾液をバキュームで吸われるとき、かなりの確率で下クチビルまで吸い込まれてもっていかれるからね。
足枷がなくなり、束縛から解き放たれたクチビルの狂喜乱舞のブルンブルンブルルルル〜を見て、助手の歯科衛生士が目をつむって笑いをこらえてたっけ。
バキュームで吸ったのあんただよ!って言いたいけど、ブルンブルンブルルルル〜で言えないしね。

 

実家から連れてきたネコのサリーちゃんなんて、いまだに3メートル向こうから、クチビルをじっと見て「シャーーーーッ!」て吹くからね。
中田英寿がセリエデビュー戦でいきなりゴールを決めた後の「シャ―ッ!」を凌ぐ、「シャーーーーッ!」だからね。
オカンが手で払うような仕草をしながら、「サリーが興奮するから早くクチビル隠して!」って言ってきて。
ハウス、ハウスみたいな扱いするけど、クチビルは別の生き物じゃないし、これ、常時顔に付いているし。
しばらく右手で口元を抑えていたら、“ざわちん”か?ってツッコまれるしね。
クチビル隠してって言ったのオカンなんですけど。

 

こうして書いてみて気付いたけど、何のメリットもないと思われたクチビルには、エピソードトークに事欠かないというメリットがありました。
髪をバッサリ切ってショートボブにした頃、「後ろから見ると広瀬すず、前から見るとブルゾンちえみ」の自己紹介で友達100人できたしね。メリットある、ある。

 

クチビルに感謝したいところだけど、実は下アゴもかなりのエピソードトーク持っているのよ。
「飲んだ、飲まない事件」ってやつがあってね。

 

次回はこの事件について。

 

あ、これだけいっておいてナンですが、自分の顔、嫌いじゃない。むしろ、好き。まさかの、好き。

似ていない家族3人の共通点といえば、自分大好きなところかな。やべー家族です。


では、次回につづきます。

 

にこっ。愛愛。