上手の手から水以上のものが漏れる

  • 2020.04.30 Thursday
  • 23:23

JUGEMテーマ:子育て日記

昨年、女の子を出産し、この世にこんなに愛しい生命体が存在して宇宙のバランスが狂わないかと心配するほどの、親バカになってしまいました。
コビット(だんな)に「アロハ(むすめ)は将来どんな職業に就くとおもう〜?」なんて聞いたら、「プリン、セス、かな」(遠い目で)と言うので、バカ親に歯止めがきかない今日この頃です。
そんなコビットは現在、在宅勤務中。
仕事が土日、深夜にまで及ぶことがありますが、家にいてくれるので心強い。
つい最近、アロハのギャン泣きが止まらず、なだめるために予定外の授乳になったことがありました。
ベッドに腰掛け抱くようにして与えていると、アロハのお尻がじんわりと温かくなってくるのです。
え、え? 漏れてる?
しかもサラサラのやつじゃなくて、トロトロのやーつ。しかも、しかも尋常じゃないくらいのメガ盛りで大人かってくらいのやーつ。
やばい、やばい、どうしよう。
隣の部屋でコビットが仕事をしていることを思い出し、「ちょっときてー!ウンチ漏れた!タオル持ってきてー!!」と叫ぶ。
ボソボソっとした声が返ってきた。
仕事に夢中になっていて、悠長に「ちょっとまってー」なんて言ったのだろうか。
「いや、いや、いや、やばいって!いつもと違うんだって。もうこれ大人のウンチだよ!早く、早く!」
ハマスタのゲーム終盤、一打逆転の場面での、前奏ファンファーレからの応援歌でゴー!ゴー!ツツゴー!からのチャンテで攻めまくれ!くらいのボルテージで助けを求める。
が、またボソボソっと危機感のない返事をされた。
え、もしかして仕事中に居眠り?寝ぼけてる?最近、忙しくてあんまり寝てないしな。
いや、いや、そんな場合じゃない。
「おい、おい!ウンチ両手について動けないんだってば!早く!」
今度は返事がない。え、もしかして完全に寝たの? おい、おい、うぉい!
とりあえず、アロハを抱いたままじりじりと腰を動かして移動。手を伸ばしてオムツを取り、3枚並べた上に寝かせてなんとかビバーク状態に。
しかし手が汚れているので、タオルや着替えが取れず先に進めない。
立ち上がり、ドアの前で片足を上げた。足でレバーを下げながら押し開け、いざ隣の部屋へ。
オペ直前の外科医のように両手をあげ、足で扉をこじ開ける。フリースタイル拳法をひっさげての道場破りかっつーの。
「うぉい!!大人のウンチが漏れてるんだってば!!」
コビットに冷め切った目で見つめられた。
うん?
まさかのオンライン会議中だったよね。
こっちは、ハッキリと大きな声で大人のウンチが漏れてるって言っちゃってるもんね。
モニターの向こうの人からしたら、完全に、漏らした嫁が逆ギレしてるよね。
もうさ、頭の中で今夜はブギーバックが流れたよね。いや泣けたっす、まじ泣けたっす。フリースタイル具合にまじ泣けたっすって。
これだけオンライン会話が盛んに行われているのに、なんで仕事中に寝た説を疑わなかったんだろうね。
けっきょく、お得意のフリースタイルで洗面台のドアも開け、手を洗ってから無事にアロハの着替えをすませました。
グズっていたアロハも、このコピれ、メモれ案件にふくみ笑いをして、いつのまにかご機嫌に。
だからまぁ、いいか。いいのか…。
まとめ。
家族が在宅勤務をしているときは静かにしよう!
外出自粛期間も楽しく過ごしたいものですね。
にこっ。
愛愛。